【旅の必需品】旅の指さし会話帳の使い方

スポンサーリンク
ブログ

タイは、まだ英語が通じますが、ジャカルタは全然英語はダメです。英語がダメなんて信じられません….

自分の英語は、義務教育以下ですけど…

当然会話本が必要です。一番わかりやすいのが「指さし会話帳」です。これを持っている人も多いと思います。


なので、タイ、インドネシアはもちろんのこと、カンボジア、ミヤンマー、台湾などいままで行った国の指差し会話帳を持ってます。ラオスはタイ語が通じるので、持ってません。

「指差し会話帳」って凄い本ですよね。たぶん海外には、こんな本はないです。こうゆう本を考え出すのは日本は凄いと思います。

でも、本を持ち歩くのはメンドクサイです。本を出して、必要な言葉を探すのも面倒です。

で、考えついたのが、大事な言葉のページを写真で撮って見せる方法です。街中で一番使いたい言葉は5個くらいなので、すぐに相手に見せられます。
大した事ではないんですが、これを考え付いた時、オレって頭いいと思いました。

街中で一番使いたい言葉の一例です。著作権があるので一部文字を消してます。

★お店で商品をオーダーする時

★商品の年式の確認

でも、回答の数字すらネシア語を知らないので、これも必要。

★商品のサービスを良くするためのおまじない

★頑なな態度の商品へのおまじない

これは、指差し会話帳と同じような、大人のイラスト会話集に記載されています。

おいおい、どこで使うんだ❓

指差し会話帳のアプリがありますが、出したい言葉をすぐに出せないので、瞬時に見せるのは写真の方がいいです。

ホテルで、指差し会話帳を使って言葉を教えてもらうといいと思います。また教えてもらうところの音声や動画を残すと、後で復習できるのでいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました