【ジャカルタで過ごす】仕上がりまで2時間のランドリー(洗濯屋)

スポンサーリンク
ジャカルタ

ジャカルタのホテルで洗濯物を出したことはありませんが、高いでしょうね。マンガブサールのロカサリプラザの右側の道、地図の”ランドリー“と書いてある道に何軒かあります。

ロカサリプラザ

ロカサリプラザは、スーパーが入った小さいショッピングモールです。

ランドリーは英語は通じません。自分も英語は話せません….
洗濯物を出しながら「トゥモローOK?」と言えば、大丈夫です。

良く行く店は、3kgで35,000ルピア(280円くらい)です。安い。
引換え票に名前を書いてお金を払っておわり。翌日引換え票で洗濯物を受け取ります。

ランドリーの引換え票
IMG_20191231_082224.jpg

日本人が珍しいのか、行くと話したこともないお店のおばちゃんに名前を呼ばれます。
基本翌日返しですが、お願いすれば当日返しも可能です。

仕上げまで2時間の店
店にいたオネーチャンがかわいかったので利用しましたが、まさか2時間で仕上るなんて思ってなかったので、2時間仕上げをネシア語で説明されてもわけがわからずちょっと大変でした。
靴下が無くなったことがあり2度と使ってません。
パタヤのランドリーは大体天日干しですが、マンガブサールあたりのランドリーは乾燥機を持ってます。なので2時間の仕上がりが可能になります。それでも2時間仕上げって大変ですよね。洗い物がなくなるとか事故が起きそう。


写真のランドリーは「3 JAM SALESAI 35,000 / 5Kg」って書いてあります。Google翻訳で訳すと「3時間完了 35,000 / 5Kg」です。5Kgって凄い量ですよね。それで280円は激安です。ここは利用したことはないです。ランドリーは小綺麗な所がいいです。

JAMって文字はジャカルタの街でよく見かけたので、時間って覚えました。そうやってネシア語を少しずつ覚えていきました。他に覚えたネシア語は…. 若い(ムダ) 細い(クルス) 新しい(バル) いくら(ブラパ) ….

コメント

タイトルとURLをコピーしました