【退職後にやること】失業保険

スポンサーリンク
ブログ
失業保険給付金がほし~い

在職中は、退職したら、失業保険でしばらく遊ぼうと思っていたが、失業保険って、貰えるは貰えるけど、やっぱ働く意思がないと給付できないみたい。
なにか給付するための裏ワザはないものかと、ネットで探した。仮病を使うなんてあったけど、そこまでしたくない。

自己都合(自分の意志で会社を退職)した場合で、給付されるのはこんな感じ。
受給資格決定日(最初にハローワークに行った日)から1か月後の初回認定日までに求職活動1回する。
初回認定日から2か月後の認定日までに求職活動2回する。ここで初めて最初の給付が発生する。
それ以降、月2回の求職活動を行うと、給付される。最大330日だから11か月。

簡単に言うと、最初の3か月の間に3回の求職活動をすると、1回目の給付を受けて、それ以降、毎月2回の求職活動すると給付が受けられる。
詳しくは、ググってみてください。

求職活動

この求職活動ってのが、求人票を見ただけではダメで、ちゃんと履歴書作成して就職を申し込んだりしないと、ダメみたい。

雇用保険受給説明会ってのあって、それも求職活動の1回にカウントされるらしい。話聞くだけでカウントされるのはうれしい。
絶対に行かねば。

仕事しないと食っていけないので、再就職はするけど、なるべくなら失業保険をもらってから就職したい。
失業保険給付以外に、再就職が決まったら、再就職手当てってのもあるみたい。もし再就職したら、これは貰おう。

求職活動して、就職できなかったら、失業保険が給付されるかもしれないけど、就職できないと言う事なので、相当マズイ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました