【スタジオプログラムあるある】初心者の最後尾争い

スポンサーリンク
フィットネス

今日は、ジムに行って、エアロをやってきました

スタジオプログラムの場所取りは大変

スタジオプログラムの開始前に場所取りのために並びます。最前列(鏡の前)とか、最後尾とか自分の好きな場所をとるために並びます。
初心者のころは、最後尾をとるために並びました。スタジオプログラム参加の初心者にありがちですが、失敗したところを見られたくないので、後ろに方に行く傾向があります。自分もそうでした。
たまに振り付けによって、後ろを向いた状態になり、最後尾が最前列になるときがあります。その時は鏡の前にいるインストラクターも見えず、みんながこっちを見ている感じがして、しくったらマズイと緊張します。

割り込んできた女

むか~し、初心者の頃はいつも最後尾の争いがあって、一生懸命早く並んで後ろの壁から1.5mくらいの所の場所を確保していました。
ある時、自分より後に並んでいた女が、この1.5mのスペースに入ってきました。「そこに入るの?」って感じです。自分の前は全然空いているのに。
「前に行ってください」なんて言えず、始まると結局自分が前に押し出されてしまいました。ふざけた女でした。

最近は、後ろの方にはいきません。前の方でインストラクターが見えるところにいきます。
やっぱ、インストラクターがよく見えた方が、細かいところもわかるようになります。

たまに初めて参加する人で、最前列に来る人がいます。いや~チャレンジャーだなと思います。うまく対応できる人もいますが、大概は、うまくできてないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました