【退職後にやること】はじめてのハローワーク

スポンサーリンク
ブログ
ハローワークって、こんなところ

会社から離職票が届いた。

これで失業保険給付の道の第一歩の受給資格認定されるので、グーグルマップでハローワークを探して、離職票と印鑑を持って、早速ハローワークに行ってみた。
ハローワークは何回も通ったことのある道沿いにあった。はじめてのハローワーク。すこし緊張しながら、建屋に入る。

コロナ禍で、失業している人が増えていると聞くが、そんなに混んでいる感じではなかった。まあ、初めて来たので感覚的だけど。

総合受付で離職票を出して初めて来た旨を話す。最初は、パソコンで「求職申込み」を行う。これは、職歴ややりたい仕事の情報等を入力した。
「求職申込み」の入力が終わったら、窓口でどのようにハローワークで仕事を見つけるか?などの説明を聞く。
そのあと「失業給付」窓口で次回認定日を聞いて終わり。それでも1時間30分くらいはかかった。

求職活動にカウントされる雇用保険受給説明会は、コロナ禍の影響により自宅でネットから説明会動画を見るとのこと。1か月後の初回認定日までに見ればいいんだけど、早めに見ておこう。

某就職斡旋業者(リクルート)に登録しているので、求職活動はそこを使ってやるつもりだけど、ハローワークでも求人をチェックしよう。

失業保険給付のためには、積極的かつ消極的な求人活動を行っていかないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました