【しくじり先生 俺みたいになるな】駅のホームで熱中症でぶっ倒れた話

スポンサーリンク
その他
水を飲みましょう

だんだん熱くなってきましたね。関東は梅雨入りしました。オリンピック前には梅雨明けしてほしいです。
オリンピックは観客を入れるようですね。チケット購入は全滅でしたが、なんとか手に入らないですかね。オリンピックなんて一生のうちで見れるものではないでからね。
田舎の友人がマラソンが当たったんですが、札幌になっちゃったんで、どうなったんだろう?


数年前の夏に会社行く途中に熱中症でぶっ倒れた話です。

夏の日 意識不明でぶっ倒れる

夏のある日、1日中自宅に居ました。そんなに喉が渇いた感じはなかったので積極的な水分補給をしていませんでした。

で、翌日。出勤のため電車に乗りました。体調はいつも通りです。乗った電車はそんなに混んでいませんでしたが、座れるほどではありません。

電車内で凄い眩暈が

電車に乗って10分くらいしたら、急に凄いめまいがしてきて、立ってられなくなってきました。今までにない症状です。座席は空いてないので邪魔にならないところに座り込もうと思いましたが、外を見るとあと1分くらいで次の駅に着きそうなので、体に力を入れて踏ん張って立ってました。駅についたら速攻でホームの椅子に座って休もうと考えてました。

意識不明 顔が真っ青に

駅に着いて椅子があるところまでフラフラしながら歩いて、やっとのことで椅子に座ったとたんに意識がなくなりました・・・・・・・・

意識を戻した時、椅子の下のホーム上に倒れていて自分の周りを人が囲んでいました。椅子に座ったけど、地べたにずり落ちたんだと思います。
「大丈夫ですか?」って声をかけられて、全然大丈夫じゃないけど「大丈夫です」と言って立ちあがりました。立ちあがった時、顔に血の気がないのが自分でもよくわかりました。真っ青になっていたと思います。こんなんなったのは初めてです。

駅員さんが車椅子を持ってきてくれましたが、「大丈夫です」と言って、フラフラしながら駅員さんの後について行き、駅の階段の下の駅員さんの控室に入りました。

駅員さんの控室で休んで少し元気に

駅員さんに言われて長椅子に横になり、水のペットボトルをくれたので、ペットボトルを飲んで寝てました。
駅員さんは慌てるふうもなく、多分、熱中症でぶっ倒れる人って多いんでしょうね。

駅員さんの控室はエアコンが効いていて気持ちよかったです。30分くらいしたら少し元気になってきました。駅員さんの”もう出て行ってくれないかなぁ~”感が滲み出てたので、お礼を言って部屋をでました。会社には午後出社の連絡をしました。
栄養をとらないと元気にならないと思い、駅そばを食べてポカリスエットのペットボトルを2本買って下り電車に乗りました。

下り電車なんでガラガラ。座って寝てました。乗り換えの駅に着きましたが、電車はエアコンが効いて快適で動きたくなかったので、そのまま寝てました。2時間くらいしたら、やっと体調が戻って元気になりました。
来たことのない遠くの方まで来てしまい、今から会社に行っても午後には間に合わないので、休む連絡をして自宅に帰りました。

異変が起きて、すぐに電車が駅に着いたのは良かったです。あの時、次に駅まで10分あったら絶望してたと思います。
多分、電車内で倒れていたでしょう。電車を停めていたでしょう。よく電車で「お客さまの救護しています」ってアナウンスが流れますが、そうなっていたでしょうね。

夏は出勤時の汗がすごいので、朝に水なんか飲まないようにしてましたが、それからは飲むようにしています。

みなさんも気をつけてください。

スポンサーリンク
クリックお願いします♪

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

その他ブログ
スポンサーリンク
パタヤ大好き

コメント

タイトルとURLをコピーしました